太宰治の名言9(3月12日生まれ)


「私には、古い道徳を平気で無視して、
 よい子を得たという満足があるのでございます」

   出典:『斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇』、
               太宰治、文藝春秋、P176より


     お嬢さまは、不倫によって「よい子」を得ます。
     不倫も道徳も何もない。
      「よい子を得た」
     それが全てであり、新しい道徳なのです。

     良い・悪いはともかく、
     自分の信じる道を、全力で進む。

     そんな生き方が魅力的なことだけは、
     間違いないと私は思います。


      
→ 太宰治の名言10のページへすすむ

 →  太宰治の名言1『走れメロス』の最初のページへ飛ぶ。
 →  太宰治の名言5『斜陽』の最初のページへ飛ぶ。


 → 『斜陽・人間失格・
     桜桃・走れメロス外七篇』を
      Amazon.co.jpさんで購入する。